akvabit.jp
Save The Live!~サイボウズLiveを救え~ | Case Of Akvabit
1.読まなくてもいい前書き 2017年の秋晴れを引き裂くように、そのお知らせは降ってきました。そう、サイボウズLive終了のお知らせです。 その直後、お客様から早速ご連絡が。「Liveが終わる。代替案を検討してほしい」と。「はいっ!承知でございます」。 直後に開催されたCybozu Days 2017の基調講演でサイボウズ青野社長からLive終了の事情説明やお詫びをいただき、ようやく事態の深刻さを悟った私。Daysで仕入れた情報では、移行ツールが提供されるとかされないとか。でもそれはあくまでも未確定情報。リサーチして弊社でも移行できるようにしておかないと。 そう思っていたところにkintone Advent Calendarの枠が残り少ないというご連絡を頂きまして。最後の一枠に滑り込めました。Advent Calendarへの参加は3度目なのですが、今回はサイボウズLiveをからめればネタとして旬ではなかろうか。そんなことを、サイボウズのUっ氏~にお伺いを立てたところ、歓迎いただけまして。では取り掛かってみよう、と考え始めたとたん、Advent Calendarの4日目にアップされたのが「kintoneサイボウズLive化作戦」。正直やられた、と思いましたね。けど松田さんの記事を拝見するとkintoneへのデータ移行までは触れていない様子。これは私がやるしかないでしょう。まだ出番まで3週間はあるし、案件の合間でも何とかなるはず。2019年の4月までしか賞味期限のない記事ですが、どなたかのお役に立てれば。せめてもの長井サンタの贈り物です。 目次 1.読まなくてもいい前書き 2.サイボウズLiveのデベロッパー登録を行い、APIキーを入手する。 3.APIリファレンスを読む。理解する。 4.類似の参考サイトを探す。 5.グループと個人の違いを理解する。 6.取り込み方法のインターフェース検討と実装。 7.サイボウズLive APIの制限事項と、kintoneの対応機能の検討。 8.実装。 2.サイボウズLiveのデベロッパー登録を行い、APIキーを入手する。 実は今まで、サイボウズLiveのAPIは存在こそ知っていましたが、完全スルーしていました。 なので今回はデベロッパー登録から始めました。まずはここからやってみましょう。  ・https