akvabit.jp
EBISU Tech Night Vol.5にて登壇しました | Case Of Akvabit
昨日、EBISU Tech Night Vol.5 で登壇を求められ、喋ってきました。 お題は「kintone + MONACAでモバイルアプリ開発!」 まあ、タイトルはストレートです。 EBISU Tech NightはAWSやcybozu.comの凄腕技術者が集うイベントです。今まで私はVol.2でも、Vol.4でも登壇の機会をいただきました。今回が三度目です。 今回はモバイルアプリ開発というお題で挑んでみました。AWSやcybozu.comを主戦場とする技術者とはいえ、ほとんどの方が開発するシステムはPCで使用するシステムのはず。モバイルアプリはあまり経験されていないのでは。そんな予測で臨んだ今回でしたが、冒頭で「MONACAを知っているでしょうか」と三十名程の聴衆者に伺ってみたところ、ご存じなのはお一人だけでした。手を挙げなかった方を含めても一割ほどの認知でしょうか。この分野でメジャーなXamarinを例に挙げたとしても同じ程度だったかもしれません。 モバイルアプリ開発への認知度がその程度とはいえ、今後もモバイルアプリが求められる確度はかなり高い。これに異をとなえる方はそうはいないはず。モバイルの処理能力が飛躍的に向上した今、PCのアプリに対し優位に立てるのは画面の大きさと、複数アプリの同時表示という点ぐらい。 ところがモバイル開発は技術者にとって鬼門でした。少なくとも私には。かつてのフィーチャーフォンでどれぐらい苦労したか。それこそが環境差異。かつてのフィーチャーフォンが廃れてしまった一因には、キャリアごとに開発環境や言語が違ったため、アプリの開発工数がかかった事情も無視できないと思います。そして今もまた「iOS」と「Android」の間でシェアを巡る争いとバージョンアップによる無数の環境が生まれています。 わたしはこうした環境差異を吸収するために費やす時間は無駄だと考えています。もっと機能そのものをビジネスにフィットさせるべきだろうと。そのためにもMONACAのような簡単に環境の差を乗り越えてアプリをビルドするツールはもっと世に知られるべきだと。 今回はkintoneから取得したデータを元にアプリの画面を描画し、最後はkintoneにデータを書き込むところまでお見せしました。モバイルアプリのデータベースは、Local StorageやSession