akvabit.jp
アラジン | Case Of Akvabit
今年に入ってから一本も映画を見ていなかった。六月も終わろうとする今日、ようやく見たのが本作だ。 本作のアニメ版は何度も見た。娘たちが幼い頃はわが家のビデオでよく流していた。東京ディズニーシーにはアグラバーを模した街があり、娘たちが幼い頃は毎年そこに訪れては写真を撮ったものだ。そんな思い入れのあるアラジンが、最近の実写化の流れに乗って封切られたので家族で映画館に行ってきた。 東京ディズニーシーのアグラバーの一角には「マジックランプシアター」というアトラクションがある。そこでのジーニーは3D眼鏡の向こうではちゃめちゃなショーを展開してくれる。今までにも何度か見たが、なかなか面白い。実際、ジーニーというキャラクターは愛嬌もあって憎めない。魔神という恐ろしい存在であるはずなのに、その雰囲気を微塵も感じさせない。ディズニーの諸作品の中でも異彩を放つキャラクターだと思う。本作のジーニーも同じ。ジーニーを演じるのはあのウィル・スミス。 私はジーニーのはちゃめちゃな感じが本作でどこまで表現されているのか期待しながらみた。ところが、どうにも乗れない。例えば登場シーン。CGではなくVFXの粋を極めたような特殊効果。まさに現時点でVFXの先端を行く特殊効果に満ちた登場シーンなのに乗れない。ウィル・スミスの演技にもわざとらしさや下手さは感じられない。それにもかかわらず、アニメ版のジーニーのシーンと比べると何やら少し冷静になって見ている自分がいる。 なぜだろう。いまや、ちょっとやそっとの特殊効果では動じないのだろうか。荒れ狂う溶岩や真っ暗な洞窟の中、さらに見渡す限りの砂漠を舞台に、ジーニーが願い事のやりかたをアラジンに教えるシーンは特殊効果のオンパレード。アニメ版やマジックランプシアターとはレベルが違う特殊効果がこれでもかと繰り出され、現代に生きる醍醐味を堪能させてくれるシーンだ。リアルでありながらありえない誇張の数々。アニメの世界がそのまま実写になったようなものすごい展開の連続。であるにも関わらず、いまいちのめり込めない自分が意外だった。エンド・クレジットでとても多くのデジタル担当の名前が並んでいたのもわかるほど、ものすごい特殊効果だったのに。