wp.zxcd.net
ドライブ | 遊びと仕事とアレコレと
紅葉でも見がてら、毎年恒例の和歌山県 田辺市 中辺路町 福定の大銀杏へ 紀伊民報でもボチボチ見ごろと載ってたので、昼ご飯にお手製簡単カルボナーラもどきを食べて出発 福定の大銀杏は宝泉寺という小さなお寺の境内にそびえ立ち、推定樹齢400年で幹の周囲5.3m、高さ22m。根元から4mの高さで幹から枝が林立している事から「千本銀杏」とも呼ばれ町の天然記念物に指定されています。 何年前からか忘れましたが幹の周りにロープが設置され触れなくなったのが残念ですが、毎年イチョウの葉が色付く頃に見にいいてます。 家を出てR311を川沿いに山手へ向かうこと数十分 見えてきた大銀杏は遠くからも分かる存在感 しかし紅葉がイマイチでした。。。 しかたが無いので大銀杏の元へ行くのは来週の三連休に持ち越しにして 熊野本宮へ抜けて熊野川を下り新宮から那智勝浦と串本を経由してのドライブをする事に 熊野本宮から熊野川沿いに新宮は、2011年(平成23年)9月4日の台風12号の大雨で水が氾濫し地域に大きな被害が有った場所です。 仕事でたまに走るのでちょこちょころ復興されて行く様は見ているのですが、ゆっくり情景がみれないのでこう言う時に走ってみるのです。 崩れた川沿いの山や家や道、まだまだ台風12号の爪あとが残るなか、ゆっくりでも確実に復興していってる様に思います。 ただ時間も時間だったので新宮に抜ける頃にはスッカリ夕方でした。 結局駆け足で紀伊半島をグルリ こんな中でも海沿いに抜け所々で釣りをしてる人の気配と、そこで自分も釣りをしたいと後ろ髪を引かれながらの帰宅でした。