windbandpress.net
「様々な音楽を聴き比べてほしい」~インタビュー:アレンジャー 木原塁さん(作・編曲/指揮・指導/トランペット)
(c) G.K.WORKS photo by keyma 国内外の出版社より多数の吹奏楽のためのポップス・アレンジを発表している編曲家の木原塁さん。 楽譜制作プロジェクトNNSB(Niconico Sounds in BRASS)の公演では指揮も行う木原さんに、ポップス演奏のコツを中心にメールインタビューをさせていただきました。 ―今回は「アマチュア吹奏楽におけるポップス演奏のコツ」などについて色々とお話をお伺いできればと思います。 まず最近の活動を振り返って色々とお伺いしたいのですが、10月には「#NNSBかわさき」がありました。 NNSBの演奏は、台湾公演の様子を見させていただいたのですが、一般的なアマチュアバンドのポップスステージとは一線を画す本格的なポップスサウンドが印象的でした。 NNSBでは木原さんは指揮もされていますが、練習やリハーサルではどのような点に特に注意しているのでしょうか。 ありがとうございます。 まず、NNSBについてになりますが、NNSBは楽団ではなく楽譜制作プロジェクトのため、毎回SNSなどで演奏メンバーが募集されバンドが結成されています。 アマチュアの音楽家が中心ですが、音大生や職業演奏家も混ざって構成されています。ただし、重要なパートとリズム・セクションは、予め信頼できるプレイヤーにリードをお願いしているかたちです。 演奏では所謂「ポップス」を中心に採り上げているので、きちんとポピュラー音楽の語法を理解して演奏できるリード・プレイヤーと、チームとしてまとまったリズム・セクションが必要になるのです。 さて、練習の時には、まず「リード・プレイヤーにつける演奏」を心がけてもらう事を意識してもらっています。吹奏楽では、時に個人個人で指揮者に合わせがちですが、それではバラバラになってしまいます。 この時、安定したリズム・セクションとリード・プレイヤーがいることは極めて重要です。演奏メンバーには、ニュアンスまで徹底的に合わせるセクションとしての演奏を求めますが、職業演奏家にリードされて演奏するというのは、やはり良い影響はあると思います。