whatsdemocracy.jp
映画「ホープ」 上映会と難民をめぐる対談 | What's デモクラシー? ワツデ
映画「ホープ」 上映会と難民をめぐる対談 ヒューマンライツ・ナウは、世界難民の日(6月20日)を記念して行われる、 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本主催のイベント「映画「ホープ」 上映会と難民をめぐる対談」に協力しております。 対談では理事長の申が登壇いたします。 この機会にぜひご参加ください。 【日時】2019年6月20日(木) 18時~21時 【場所】アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ 〒 162-8415 東京都新宿区市谷船河原町15 【詳細】 —以下上記ホームページより引用— 6月20日世界難民の日にあたり、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本は、ヨーロッパを目指してサハラ砂漠を彷徨う青年の助け合いの物語、ボリス・ロジュキーヌ監督の映画「ホープ」の上映会を2機関と共催します。 映画に続いて行われる対談(日本語)では、認定NPO法人難民支援協会の石川えり代表理事、認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウの申 惠丰理事長が、Runway for Hopeの創立者で、イランからカナダに難民として渡り、日本での留学経験もあるオミド (セナ) ヴァファと意見を交換します。 2019年6月20日(木) 開場17:30 / 映画上映会18:00~19:30 / 対談19:45 ~21:00 入場無料 言語:映画は英語(日本語字幕なし)、対談は日本語 お問合わせ : dg.debat.contactinstitutfrancais.jp を@に代えてください 主催:フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 協力:認定NPO法人難民支援協会、認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ、Runway for Hope