whatsdemocracy.jp
ベネズエラに連帯する集い いまベネズエラで起きていることを知ろう | What's デモクラシー? ワツデ
ベネズエラに連帯する集い いまベネズエラで起きていることを知ろう 時 間=4月20日(土)13時~15時20分 会 場=本郷文化フォーラムホール 〒113-0033 東京都文京区本郷3-29-10 飯島ビル1階 小川町企画内 東京メトロ丸の内線・都営大江戸線「本郷三丁目」駅 徒歩5分 資料代=1000円 ※定員40名(事前に申込みをしてください) セイコウ‐イシカワ(駐日ベネズエラ・ボリバル共和国)全権大使に聞く 「危機」の真実はどこにあるのか?―― 米国は干渉・敵対行為を止め、対話を! ベネズエラ連帯緊急決議米国政府の軍事介入策動を糾弾する! ベネズエラ人民と連帯しよう! 米国およびEUとその追随諸国は、ベネズエラに対して金融制裁を実施し、街頭破壊活動や経済戦争で生活必需品を不足させるなど侵略と干渉を続けています。そして世界の主要商業メディアは、日本のマスメディアも一体となりマドゥーロ政権を「失敗国家」「独裁国家」などとののしり、政権およびベネズエラ人民の信用を失墜させようとしています。これらの攻撃は、ベネズエラの世界最大の原油埋蔵量と豊富な戦略的諸資源を簒奪しようとして、チャベス前大統領による1999年のボリバル主義革命の開始と同時に始まり、それ以来、クーデターや石油サボタージュ、経済封鎖などの政権攻撃が行なわれてきました。今年1月下旬、米国の意向を受けてのグアイド国会議長による憲法違反の「暫定大統領」就任宣言以後、米国政府の軍事介入の危険が強まっています。