whatsdemocracy.jp
反貧困全国集会2019"~年越し派遣村から10年、自己責任社会はどう変わったか~当事者や現場発で、希望のもてる社会へ" | What's デモクラシー? ワツデ
反貧困全国集会2019"~年越し派遣村から10年、自己責任社会はどう変わったか~当事者や現場発で、希望のもてる社会へ" 2009年は年越し派遣村で明け、その年の夏、政権交代があった。あれから、10年。10年前、一度は小さくなった「自己責任」の声は、今、あの時よりさらに大きくなっている。それどころか、「生産性」という言葉が人間に対して当たり前に使われ、「財源不足なのだから命の選別が必要」というような言説が一定の支持を得ている。この10年を振り返りながら、今、改めて自己責任社会を問う。 ◆日 時: 2019年2月16日(土)13時~17時30分(会場12時30分) ◆場 所: 上智大学四谷キャンパス2号館(JR中央線、東京メトロ丸ノ内線・南北線/四ッ谷駅 麹町口・赤坂口から徒歩5分) ◆内 容: 〇全体会 全国集会キックオフ 13時~13時20分 司会 渡邊 由紀子(反貧困ネットワーク世話人) 主催者挨拶 宇都宮 健児(反貧困ネットワーク代表世話人) 〇分科会 13時30分~15時20分 テーマ:生活保護基準引き下げ、社会保障切り捨てに、現場から抗する。現場から変える 司会 白石 孝(反貧困ネットワーク世話人) 基調報告 田川 英信さん(社会福祉士・生活保護問題対策会議事務局次長) パネラー 西田 えみこさん(1型糖尿病患者障害年金訴訟原告) 佐藤 和宏さん(首都圏青年ユニオン事務局次長・住まいの貧困に取組むネットワーク) 安藤 周平さん(特定非営利活動法人ワーカーズコープ:生活困窮者自立促進事業担当職員) 〇分科会13時30分~15時20分 テーマ:年越し派遣村から10年、自己責任社会はどう変わったか 司会 河添誠(労働運動活動家) 猪股正さん(弁護士) 龍井葉二さん(元連合非正規センター) 和久井みちるさん(元生活保護利用者) 雨宮処凛さん(反貧困ネットワーク世話人) 労働問題のパネラー交渉中 〇全体会2 15時40分~17時20分 テーマ:「垣根を越えて、つながって現場から変えていく」 地域の反貧困団体、当事者団体のリレーセッション 司会 雨宮処凛(反貧困ネットワーク世話人) リレー報告 各地域の反貧困ネットワークと課題別当事者(支援)団体 1月11日段階 非正規労働差別 後呂良子さん(全国一般東京東部労組メトロコマース支部委員長)