vcosp.com
コスプレイヤーインタビュー『PRay』 Vol.7.5 appaさん(2)
コスプレに対する意識の高さに、このあとめちゃくちゃ感化された。 コスプレイヤーインタビュー『PRay』、appaさん後編です。 前編はこちら コスプレイヤーインタビュー『PRay』 Vol.7 appaさん(1) その他のバックナンバーも好評公開中です! 榛名/艦隊これくしょん 東京のイベントのスケール感 東京のイベントと北海道イベント、違いを引き続き聞いてみました。 露出レイヤーの存在と、カメラマンの人数感 appa そういえば、際どい露出の人はかなりいますね。際どいといっても、運営スタッフのチェックを全てクリアした上でやってるんですけど ――たとえばコミケでは、露出レイヤーに対しては厳しいガイドラインがあって、それをクリアした上でやっているというふうには聞いてます appa そうですね。露出に関しては、更衣室を出る時にはスタッフのチェックが入ります。隠すべきところはきちんと隠れるようにして、身につけるべきものは身につけているなどの対策をしないと表に出られません 私の推測ですが、"露出"というものに対する認識や考え方が、中央のイベントでは根本から違うんじゃないかと思います。一般的には露出はみっともないもの、はしたないものですが、コスプレにおける露出は表現の一種であるという認識。エロく見られ、迷惑防止条例に反してしまうのは、ただ結果的にそうなっているだけだということです――カメラマンの多さも語り草になりますが、よく見かけるコミケの様子の写真は誇張ではなくガチ? appa ガチです、本当にあんな感じですww 最初は並んで1人ずつ撮影のなんですが、だんだん、増えるんですよ。1人撮影してる間に4~5人並んだりします。私でも列ができるぐらいだから、有名な人にはもっと並びますね ――いわゆる"囲み"というものはどうしたらできるんですか? appa あれはコスプレイヤーさんが「囲んでくださーい」って指示を出してます。列が長すぎてどうにもならなくなってきた時とか。会場は自分だけが使ってるわけじゃないですからね。あと、場所移動するとか、休憩するとか言って上手に散らします 式波・アスカ・ラングレー/ヱヴァンゲリヲン新劇場版 コスプレイヤーはもう芸能人の域?