ueck.com
iPhone5 バッテリーの持ち改善策 | ueck-log
iPhone4sからiPhone5へ移行した際は'、iPhone4sのバックアップデータから復元するという形をとりました。これがやはり 一番確実で安心できると思います。データをもとに戻す。その際は音楽やメールアカウント等、多少バックアップされないものもありましたが、再設定や再度同期する事でほとんど元通りに戻るのですから、非常に快適です。携帯電話からスマートホンになった部分でやはり大きな価値のある事だと思います。もちろんiCloudからの復元でもiTunesからの復元でも良いのです。 しかしながら使用して一週間程経過してどうしても不満に思う事があります。そう、バッテリーの消耗が激しい。激しすぎる。今までiPhoneを使用してきてバッテリーの消費が速いのは当然ながら覚悟の上。理解しているつもりでした。しかし4sから5になってみての感覚が異常なのです。一日持たない事が多い。ほとんどいじっていないのに、ぐんぐん減っていく。これは変だなぁと感じるくらい。 様々な方法を試しました。位置情報サービスの見直し。特にウェザーニュースアプリはどうしても必要だけど、位置情報を頻繁に使用している。これは絶対要らない。その他にも位置情報を設定されているアプリは多数あるのですが、これもかなり厳選しないと無駄に消費します。safariのリーディングリストも消しました。これもどうやら知らぬ間に通信をしてしまっているようなのです。また「設定」アプリの中のsafariに関して、リーディングリストでのモバイルデータ通信がONになってたりすると、wi-fiに接続していないときでも通信をしてしまうことになるので、これも消しました。LTEはどうしようか悩んだんですけども、とりあえずONのままに。移動は通勤のときだけだし、都市部野中を移動する訳でもないし。 一通りチェックすべきバッテリー改善策は 使用していなければBluetoothとwi-fiのOFF(必要な時だけON) 設定>プライバシー>位置情報サービス>不要なものはオフ(特にWeathernewsはオフ推奨)「iPhoneを探す」 は絶対オン そのまま下にスクロルして「システムサービス」のすべてをオフにしてもかまわない。 「設定」>明るさ 壁紙>やや暗めにする 「設定」>「一般」>「情報」>「アドバタイズ」 Ad