ub.workdesign.jp
【Ubuntu14.04】Google中国語入力
パソコンをSSD換装したついでにUbuntuもクリーンインストールしたので、中国語入力も見なおしてみました。どうやら、Google中国語入力が使えるらしい。日本語入力自体も、iBusの評判が悪いことに今更気づいた(確かに不安定だった)。「fcitx」で設定すれば、Google日本語入力と、Google中国語入力でうまく使えるらしい。お世話になったサイトはこちら(多謝)、Ubuntuのfcitxで中国語入力もう、上記のとおりに設定なのですが、本家が無くなると泣くので記録します。 私の場合、iBusで設定されているので、こちらを参考にしました(多謝)。Ubuntu 14.04 の日本語話。 fcitxを念の為上書きインストール(いらないかもしれないけど)。 sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc fcitx-libs-qt5 fcitx-frontend-qt5sudo apt-get install mozc-server mozc-utils-gui iBusからfcitxに切り替え im-config -n fcitx Mozcメニューの[設定]で、入力メソッドの設定。 入力システムの切り替えは半角/全角キーでできますが、3種類を順々には替わってはくれません。「キーボード(日本語)」と、どちらかのMozcとなります。 簡体字も繁体字も対応してて、すごく便利になりました。iBusの時は切り替える度にキーボードの設定が変わってしまったりしましたが、今回は安定したみたいでうれしい。↓こちらはWindows用ですがとても詳しいです(多謝)。谷歌拼音輸入法の使い方