ub.workdesign.jp
【LinuxMint17】Sony Vaio VGN-P90S
Vaio TypeP、この小さな筐体に一杯一杯のスペック。購入時のVistaではとてもじゃないけど、非現実的でした。 PC:Sony Vaio VGN-P90SOS:WindowsVista HomePremium SP2 32bit→ChromeOS(NG)→LinuxBean(NG)→LinuxMint17CPU:Intel(R) Atom(TM) CPU Z530 1.60GHzChipset:Intel® System Controller Hub US15WGraphics:GMA500(US15W内蔵)SSD:60GBMemory:2GB ChromeOS、LinuxBeanと試してみるうちに、どうやらこのGMA500に問題有りとわかりました。多くの人たちが、WindowsXPで、7で、8でも苦しんできたようです。そして、それに耐えるのはLinuxMintだけらしい。つい数日前に最新のLTS版、「Linux Mint 17 “Qiana” v2」がリリースされたところです。 念の為書いておくと、最初にリカバリディスクは作成しています。さすがVista、すごい時間をかけて、途中エラーが出たりしながら。BIOSのバージョンは最新でした。 インストールはスムーズに完了。 今度はブラックアウトしません。 無線LAN設定、本当はaの規格で接続したかったのですが、残念ながら内蔵無線はaには非対応。日本語入力はMozcを入れます。 すでにLibleOffice、Thunderbird、Leafpad(メモ帳)はインストール済み。インストールしたソフトは、Dropbox、GoogleChrome、プリンタ設定:Brother MFC-J890DNちゃんとLinux用のドライバがあり、インストール方法まで案内がありました。 Google Chromeのインストールに躓きました。32 ビット .deb(Debian/Ubuntu)をダウンロードして、デスクトップ上に保存し、インストールすると・・・、 依存関係の問題により google-chrome-stable の設定ができません: google-chrome-stable は以下に依存 (depends) します: libcurl3 ...しかし: パッケージ libcurl3 はまだインストールされていません。 ↓こちらにお世話になりました。(感謝)Debian 6.0にGoogle Chromeをインストール 端末で、 $ cd /home/(ユーザー名)/デスクトップ$ sudo dpkg -i google-chrome-stable_current_i386.deb で、やっぱり依存関係で・・・と出ますが $ cd$ sudo aptitude update・・・・・・・$ sudo aptitude upgrade で、libcurl3も入って、GoogleChromeをインストールすることができました。Googleユーザーなら、Chromeさえ入ってしまえばこっちのものです。 ※ 参考 LinuxMint 日本語支援サイト リナックスミントを使おう