ub.workdesign.jp
【Ubuntu14.04】NASマウント設定
OSが変わる度、悩まされたNASのマウント設定。今回も記録。 sambaでNASに接続できるのを確認。 cifs-utils(Common Internet File System utilities)をインストール(Ubuntuソフトウェアセンターからでも可)。 sudo apt-get install cifs-utils mediaフォルダにマウント用フォルダを作成 sudo mkdir /media/HDD61(任意のフォルダ名) フォルダを確認 ls /media/ マウントできるのを確認 sudo mount -t cifs //(マウントするHDDのIPアドレス)/share /media/HDD61 起動時に自動でマウントするようfstabを編集(Ubuntu12.10と同じ内容) sudo gedit /etc/fstab //(HDDのIPアドレス)/share /media/HDD55/ cifs username=(ユーザー名),password=(パスワード),iocharset=utf8,rw,uid=(ユーザ名),gid=(ユーザ名) defaults 0 0 再起動 ※ その後、起動時にエラーが出るようになりました。 CIFS VFS: Error connecting to socket. Aborting operation.CIFS VFS: cifs_mount failed w/return code = -101 ↑これがたくさん表示されますが、すぐに消えてパソコンは起動し、NASはマウントされています。ぐぐってみると、ネットワークが確立する前にマウントしようとして失敗してるのだとか・・・。ウ~ン。(゜_゜>)