ub.workdesign.jp
メインマシンをUbuntuに!-VMware Serverを使う-
Ubuntuをメインマシンにしたいけど、仕事柄やっぱりWindowsでないとできないことも多いです。 そこで、仮想化ソフトのVMware Serverを入れてみました。 Viva! Ubuntu Magazine vol.8 VMware を参考に(感謝)、 先にユーザー登録を済ませ、ここまでは良いのですが、ダウンロードから難航しました。 「Synapticパッケージマネージャ」で検索されません。 リポジトリを追加もしてみましたがだめです。 そこで、ヴイエムウェア株式会社のホームページから「VMware-server-1.0.5-80187.tar.gz」をダウンロード。 Ubuntu7.10でVMware Serverを動作させる(難しいケド) を参考に(感謝)、 $ tar zxvf vmware-server-1.0.4-56528.tar.gz $ cd vmware-server-distrib $ sudo ./vmware-install.pl でも、ダウンロードしたものはデスクトップ上なので、 $ cd /home/ユーザー名/Desktop でデスクトップ上に移動してから解凍及びインストール。 いろいろ英語で聞かれて、そのままEnterしたり、ライセンスに同意したり、けっこう長いことやって、最後にシリアルナンバーを聞かれたので、メールで届いているシリアルを入力してなんとかインストール完了できました。 その後は、 Viva! Ubuntu Magazine vol.8 VMware を参考にというかまるっきりそのとおりで(めっちゃ感謝)、 WindowsXP ProfessionalをHDD20MB、メモリは512MB使用で設定し、インストール。 まるで2台のパソコンのようですが、Ubuntuの中にWindowsがインストールされて、左のモニタに映しています。 これで、通常はUbuntuを使って、どうしても必要な時だけWindowsを呼べば良いです。 WindowsUpdateも完了。わーい、やったー。感動!!