ub.workdesign.jp
【UbuntuMATE16.04】RaspberryPi3にインストールしてみた
RaspberryPi3にUbuntu MATEをインストールしてみました。 最初からSDカードの相性問題にはまり、買い直したSDカードでやり直しです。 SDカード:Silicon-power 16GB SP016GBSTH010V10SP) ディスプレイ:Sharp Aquos LC-22P1 パソコンはWindows10、SDFormatterでSDカードをイレースフォーマットでフォーマット。 「WIN32DiskImager」でSDカードに「Ubuntu MATE 16.04.2 LTS」をインストール。 電源ON!   見慣れた設定画面を進んで、インストールは完了。 有線LANは自動で認識しましたが、WiFiがなかなか有効になりませんでした。 LANケーブルを外してみたり、再起動したりしているうちに有効になり、設定できました。 日本語の設定をすると、Mozcが有効になります。 フォルダ名は英語にしたいのでいつものように、 env LANGUAGE=C LC_MESSAGES=C xdg-user-dirs-gtk-update 今回はSDカードの容量が16GBなので、なるべくインストールをしないで、最低限のソフトのみ設定しました。 Synaptic、samba、shutter、gparted ワークグループ名の変更をしたいのでsambaを編集。 viで開いたらコマンドが思い出せなかったので、nanoで開いてみた。 sudo nano /etc/samba/smb.conf workgroup = workgroup を編集して、 [Ctrl]+o 上書き保存 [Ctrl]+x nano終了 NASの接続もスムーズに完了。 ネットワークプリンターの設定も、NASに接続したUSBプリンターの設定も問題無し。 Bluetoothでスピーカーを接続してみましたが、なかなか検出しなくて10回くらいやってみてなんとか繋がりました。 なかなか楽しみなおもちゃです。