ub.workdesign.jp
【Ubuntu16.04LTS】NECのVistaPCに入れてみた
WindowsVistaは来年2017年4月に終了します。 買い替えて不要になったVistaパソコンにCloudReadyを入れ、さらにUbuntuを入れてみました。 PC:NEC LaVie LL750/M(PC-LL750MG) OS:WindowsVista Home Premium SP2 32bit → CloudReady → Ubuntu16.04LTS CPU:Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU 2130MHz HDD:160GB Memory:2GB→4GB Ubuntu16.10、コードネームは“Xenial Xerus(ジーニアス ジリス)”意味は「おもてなしのアラゲジリス」。Xerusはアフリカのジリスだそうで、北米のプレーリードッグとは別の種類らしい。 インストール自体はずいぶん早くなったような気がします。 インストール後に設定することはいつもと同じ。 最適なサーバーを探して設定。 日本語ディレクトリ名を英語に変更。 LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update ところが、前回もでしたが端末からの設定ではうまくいかず、手入力で設定ファイルを編集しました。 ディレクトリにファイルが入っていたから? mkdir Desktop Downloads Templates Public Documents Music Pictures Videos gedit ~/.config/user-dirs.dirs DVDで動画を見れるようにする sudo apt-get install libdvd-pkg. インストールしたソフト GoogleChrome、Chromium、Gparted、Synaptic、VLC、Shutter 「Ubuntuソフトウェアセンター」は、「Ubuntu Software」に替わって動作が軽くなりました。 Vistaの頃のパソコンならスペックは充分です。 ヘルプがわかりやすくなってました。