ub.workdesign.jp
ネットワークHDDのマウント
ネットワークHDDは、繋がっているだけで認識されています。「samba」でのWindowsとUbuntuの共有も簡単でした。でも、マウントしないと不便なので「smbfs」を導入しました。お世話になったサイト↓(大変感謝)SmbFsでネットワークプレースのマウントと共有●端末で「smbfs」の有無を確認 sudo dpkg -l smbfs●当然無いのでインストール sudo apt-get install smbfs●「Network」と「Samba」を再起動 sudo /etc/init.d/networking restart sudo /etc/init.d/samba restart●「/media」フォルダにマウント用フォルダ作成 sudo mkdir /media/HDD61(任意のフォルダ名)●「/media」フォルダを確認 ls /media/●マウントする sudo mount -t smbfs //(マウントするHDDのIPアドレス)/share /media/HDD61「場所」に「HDD61」が表示されました。でも、日本語が文字化けします。●文字コードのオプションをつけてマウントし直し sudo mount -t smbfs //(HDDのIPアドレス)/share /media/HDD61 -o iocharset=utf8文字化け解消です。●自動mountを定義 sudo gedit /etc/fstabで下記を記述して保存、再起動 //(HDDのIPアドレス)/share /media/HDD61/ smbfs codepage=cp932,iocharset=utf8,rw,defaults 0 0再起動後、「場所」に「HDD61」が表示されています。文字化けも無し。編集もOK!※ 追記後で気づいたんですが、このマウント設定をしてから、Ubuntuのシャットダウン時に、======================================CIFS VFS: server not respondingCIFS VFS: no response for cmd XXX mid XXX ======================================なんてメッセージを残して、フリーズしたような感じになり、そのうちタイムアウトで終了したような感じになります。↓これの対処法がありました(大変感謝)。Ubuntuでsmbfsを使用しているとシャットダウン時にフリーズしかも、対処法だけでなく、詳しい究明までしてくださっていて、頭が下がります。======================================sudo update-rc.d -f umountnfs.sh removesudo update-rc.d umountnfs.sh stop 15 0 6 .======================================これで解消です。