travelingclassroom.jp
冬の知床で流氷を見ながらこれからの働き方について考えてきました | TRAVELING CLASSROOM
以前もテレワークをさせてもらった知床エリアで(以前のテレワーク体験の記事はこちら)、今回は自分たちだけでなく各社の働き方改革を担当されているリーダーの方々と合宿形式でご一緒して、これからの働き方について考えてきました。 <なぜ知床エリアで合宿?> 今回の企画は、斜里町が主催し、テレワークの普及・促進を20年前から一貫して進めてこられた株式会社ワイズスタッフの田澤由利さんの企画で行われました。自分たちのこれまでの働き方を根本から問い直すためには、普段の仕事の環境とは離れた、感覚を刺激するような場所に行く必要があります。一方で、場所を移しながらも普段の仕事も中断することなく続けられる環境も必要で、これまでも利用させていただいているネット回線などが完備されている「しれとこらぼ」などが整備されている知床エリアはこの目的に合致していました。田澤さんは知床と同じくオホーツクエリアである北見市にお住まいで、基本は合宿形式ながら観光的な見どころもバッチリおさえていただきました(笑)。 <初日は知床エリアの拠点である斜里町で合宿&冬の知床を楽しむ> 2月中旬の知床は雪景色!遠くに見える知床連山(知床半島に位置する山々)が美しいです。 しかし屋外は最低気温マイナス15〜20度まで下がる寒さで、水に濡らしたズボンを屋外に出しておくと、すぐに凍ってしまいパリパリの「自立するズボン」が出来上がります。人生で初めて見ました(笑。 講師の方や各社の取り組みを元に、プレゼン&ディスカッション形式で議論を深めていきます。 その合間の時間で、日常生活では味わえない体験をして左脳だけでなく右脳も刺激していきます。夜は大きな暖炉がある素敵なペンション「しれとこくらぶ」に泊まらせていただいて温泉に入らせていただいたり。 冬でも凍らない、とても美味しい湧き水が湧き出る来運神社に立ち寄ったり。 超分厚い鹿肉のステーキをいただいたり。 <2日目は知床半島の沿岸にあるウトロに移動して氷の世界を楽しむ> 2日目はウトロに移動して、なんと流氷の上を歩く「流氷ウォーク」に挑戦しました!