travelingclassroom.jp
世界遺産 知床からテレワークしてみました(まとめと考察編) | TRAVELING CLASSROOM
・知床に来るきっかけやテレワークの環境をまとめた前編はこちら ・滞在した斜里町での様子をまとめた中編はこちら ・足を伸ばして周辺エリアにもトライした後編はこちら これまで3回に分けて紹介してきましたが、一言でいうと、「遠隔地でのテレワーク最高!」という身もふたもない表現に行き着きます。なぜそう思うのか、簡単にまとめてみました。 テレワークのメリット (働く側) 考えのクセを取り払うことができる:人の思考は環境によってどうしても固定化されている部分があると思います。普段と違う場所、普段と違う時間帯、普段と違う景色、普段と違う食べ物に囲まれて「働く」ことで(つまりただレジャーや観光で楽しみに来ているだけとは違う形でその場にいることで)、同じ課題を考えるのでも違うアプローチをとりやすくなると感じました。 ニーズベースで考えることができる:自分が拠点としているオフィス、上司や同僚がたくさんいる環境、商品を扱う人であれば在庫や生産手段に近い場所にいると、どうしても知らず知らずのうちに「自分がいま持っているもの」の延長で考えることが増えてくるように思います。今回全くそういうものがない環境に身を置き、今まで交流したことがなかった現地の人達と交流させてもらうことで、「自分が今までやってきたこと、今やっていることは本当に意味があるのか」「本当に今必要とされていることは何なのか」ということを、改めて問うことができました。 自分の暮らし方についても見直すことができる:仕事だけでなく、現地で暮らしながら働くということは、やはり自分の暮らし方についても本質的に問い直すことができます。移住や二拠点居住を勧めるコンテンツはたくさんありますが、実際にいきなりやるのはかなりハードルが高いのに対して、テレワークであればお金を稼ぐ手段をそのまま残したまま、自分が本当にしたい暮らしについて色々な体験をしてみることができると思います。 テレワークのメリット(迎える側) ※これはあくまで僕の体験から想像してみたものであって、当然ながら事実と異なる可能性があります。