travelingclassroom.jp
徳島県 上勝町で本当の意味でのサステナビリティを親子で学んできました | TRAVELING CLASSROOM
全国でも面白い取り組みをしている自治体として、ITインフラを整備して都市圏の企業のサテライトオフィスを誘致して他ジャンルの移住者や取り組みも増えている神山町(以前行った際のレポートはこちら)と並んで、ユニークな取り組みをしている上勝町に行ってきました。 <上勝町ってどんなとこ?> 徳島県の中部の山岳地域に位置する町で、徳島県内、さらに四国の全ての町の中で最も人口が少ない町(人口1600人程度・町の公開データより)であるにも関わらず、葉っぱビジネスのいろどり、また日本で初めて「ゼロ・ウェイスト宣言」をした町として、全国に広く知られるユニークな自治体です。 <旅の拠点とナビゲーター> 今回は、上勝町にあるカフェ「cafe polestar」のオーナー東さんに現地をご案内いただきました。もうとりあえずこのカフェだけでもまずは行ってほしい!というくらいの素敵なカフェで、山間にありながら一歩中に入ると天井高の高い開放的な空間で、建材や壁の塗りにもこだわりがあるのが伝わってくる素晴らしいお店でした。(自分も都内で飲食店をやっていたのですがここまで開放的な空間は都市圏ではつくれないと思います) 山の中に突如あらわれるシックな黒い建物。 窓の開口部が広いので光が入って、山が一望できます。デザインが良いだけでなく、断熱材を厚めに入れてペアガラスにして断熱性を高めたり、暖房は薪でしたり、電球もLEDにしたりとエネルギー効率に配慮しているとのことです。 ちなみに居心地がウルトラ良いので普通に仕事持って来ても大丈夫です(笑)。 こちらがオーナーで上勝町ご出身の東さん。元々上勝町がゼロ・ウェイスト宣言をすることになったきっかけをつくったのがお母様で、その思いを受け継いでこのお店と活動をされているそうです。(詳細はこちらの記事など) 上勝町のことを何も知らない僕らにイチからご説明してくださいました。 上勝町に到着後、まずいただいたのがこちらのランチです。 地元の食材を活かしたとても美味しい食事で、一緒に行った3歳の息子も完食でした。 このランチ中におおまかなイントロダクションをいただいた後、各種アクティビティに入っていきました。今回はランチの写真にもうつっている素敵なしおりまで作成いただきました。「NEW &