travelingclassroom.jp
北アルプスでアートとアウトドアを通して地域を発見する旅 Vol1. 北アルプス国際芸術祭編 | TRAVELING CLASSROOM
先日、茨城県北芸術祭に行ってきてそのスケール感にしびれ、芸術祭って単純にアートに触れることができるだけでなく、同時にその地域についてたくさんのことを学べる良いイベントだなと改めて思っていたところ、北アルプス国際芸術祭というものが開かれるという話を聞きました。 「すごく面白そうだけど、アルプスってアクセス大変そうだし、山の移動なんて自分にはハードルが高い・・」と思って二の足を踏んでいたところ、なんと以前お仕事でご一緒し、さらに東京で開催された地方創生系のイベントMICHIKARAでもお会いした大町市役所の小澤さんが関わってらっしゃるということで、幸運にもご案内いただき、4歳の息子と一緒に北アルプスエリアでアート、そしてアウトドアアクティビティを満喫させていただきました。 ■まずは芸術祭の概要 最初に、改めて北アルプス国際芸術祭 について整理をしておきます。 正式名称:北アルプス国際芸術祭2017 ~信濃大町 食とアートの廻廊~ 会期:2017年6月4日(日)〜7月30日(日)[57日間] 会場:長野県大町市を中心とする5エリア(源流エリア, 仁科三湖エリア, 市街地エリア, 東山エリア, ダムエリア) 名誉実行委員長:阿部守一(長野県知事) 実行委員長:牛越徹 (大町市長) 総合ディレクター:北川フラム 参加アーティスト:36組 芸術祭メインテーマ: "北アルプスの山々から流れほとばしる伏流水、山の神や動物たちと人が出会う豊かな扇状地に囲まれた信濃の国、大町市。そこは日本列島を東西に分断するフォッサマグナの西の縁に位置し、信州と日本海を結ぶ「塩の道」が走り、東西の地質や植生が出会う、まさに特異点と言えます。北アルプス国際芸術祭は、扇状地をつなぐ廻廊から山々を見遥かし、青い天空を水場から仰ぐ試みです。国内外のアーティストは、南北の植物が混生し、日本列島を縦に貫く特徴ある地形、歴史に向き合い、鮮烈で爽やかなアート作品をつくりだすでしょう。〈北川 フラム〉" (出典元:北アルプス国際芸術祭2017 ~信濃大町 食とアートの廻廊~ 公式サイト 芸術祭概要より ■個人的な一押し作品たち