travelingclassroom.jp
徳島県で今起きていることを見てきました 神山町 FOOD HUB PROJECT 編。 | TRAVELING CLASSROOM
神山町というとITというイメージがありますが、今まったく別の分野で、まさに現在進行形ですごく面白いことが起きています。"地産地食|Farm Local, Eat Local"というのを合言葉にした、Food Hub Project です。 詳細な説明はプロジェクトが生まれた経緯のページを見ていただくのが良いと思いますが(すごく良いのでぜひ読んでみてください!)、わかりやすく言うと、 ・「地産地消」というコンセプトに近いが、ただ地元の食材を使うだけでなく、お互いの顔が見える関係の中で食材の調達や販売を行う ・そのことにより、「食べる」という行為を通じて、町の中での経済の循環を起こす ・「消費」の仕組みを整えるだけでなく、「生産」の方も実際の農業をプロジェクトとして手がけること、それを通じて地元の農家の育成も行うことで、継続的に生産と消費が回り続ける仕組みをつくる ・これらを通じて、地元に眠る食文化を復活させ、現代の「日常」に定着させる ・これらがもしうまく回るならば、神山町以外の日本中どこの町でも成立する、スケールするモデルとなる(元々経済圏が地元で回ることを想定するため、外部環境の影響を受けずに独立した経済が循環する) ということだと僕は理解しました。 (出典: Food Hub Project オフィシャルサイトより) 僕が訪れた1月末の時点では、まだフルオープンしておらず色々な施設をつくっているところでしたが、そのリアリティが今まさに何かが生まれようとしている熱が感じられて、最高でした。 メインとなる「かまや」。いわゆる食堂ですが、特徴的な「かま」が正面に3つ並んでいます。こちらも地元の文化とリンクしています。 (出典: Food Hub Project オフィシャルサイトより) お伺いした時は時間的に難しかったのですが、当日のランチメニュー。 食べられなくて悔しいので Food Hub Project のinstagramから拝借(笑)。美味しそう。 今日の「かま屋」のお昼ご飯。 主菜は、「帆立のパセリフライ」です。 町内50食限定です。 駐車場は、役場の駐車場をご利用ください。売り切れ次第終了となります。 よろしくお願いします。 #foodhubproject