travelingclassroom.jp
KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭に行ってきました Vol.2 御岩神社から常陸太田エリア編 | TRAVELING CLASSROOM
常陸多賀を満喫した後は内陸エリアへ。常陸多賀は思いっきり海沿いの場所だったにも関わらず、車でしばらく行くといきなり山の中になりました。失礼ながら茨城県って自然に溢れた土地というイメージがあまりありませんでしたが、実際には海と山の両方を短い移動距離で楽しめる県でした。 素敵な山並みを眺めていると、KENPOKUのハイライト作品の一つとして色々なメディアに登場している「杜の蜃気楼」のある御岩神社に到着しました。非常に由緒正しい神社で、パワースポットである岩を目指す人、紅葉や自然を楽しむ人、ふつうに神社に参拝しようとする人などで賑わっていました。ただ歩くだけでも気持ちいいです。 推定樹齢500年の三本杉。すごい迫力。 芸術祭の作品を見に来たことを忘れるくらい、神社の雰囲気を楽しみながら参拝客らしき人たちと一緒に歩いていると、遠くにアート作品のサインが。 一つ目の作品は、神社の天井画がそのままアート作品になっている「御岩山雲龍図」。 実は、最初はその存在に気づかず、「せっかく神社の来たんだし」ということで普通にお賽銭を入れてお参りしていると、県の方から天井を指差して「実はこれも作品なんですよ」と言われてびっくり。モチーフは見覚えのある龍ですが、昔は龍を地上から見上げる画だったものが、現在は技術の進化で宇宙から衛星などで地上を見下ろすことができ、龍も見上げるものではなく見下ろすものだという形で、この時代につくる画として龍の下に雲がある形になっています。面白い。 そして、さらに奥に進むと、姿をあらわす「杜の蜃気楼」。とても綺麗な発色と軽やかな素材で、風の中で光を浴びてキラキラ揺れている様子が美しかったです。 下から見ると、独特の素材と形状。こちらも他の作品と同じく、神社という文化的・歴史的に非常に大きな意味を持つ場所の中で、自然に溶け込みつつ、かつ自然だけではない独特のニュアンスをそこに確かに加えるアート作品でした。 なにがすごいって、とても由緒正しい神社であるにも関わらずこういう作品の設置を許可した神社の方々、そしてここだけでなくきっと色々イメージがあるが故に無茶を言うであろうアーティストと土地や建物の持ち主との間に立って交渉した県や実行委員会のみなさんの交渉力、本当にすごいと思います。