toyogeki.jp
豊劇ハナレの上映会『みんなの学校』 | CINEMACTION 豊劇 -豊岡劇場
2019年2月の上映作品は『みんなの学校』に決定。 大阪市住吉区にある公立小学校。2012年度の児童数・約220人のうち、特別支援の対象となる数は30人を超えていたが(通常学級数6・特別支援学級7)、すべての子供たちが同じ教室で学ぶ。教職員は通常のルールに沿って加配されているが、地域の住民や学生のボランティアだけでなく、保護者らの支援も積極的に受け入れた「地域に開かれた学校」として、多くの大人たちで見守れる体制を作っている。学校の理念は「すべての子供の学習権を保障する学校をつくる」であり、不登校はゼロ。唯一のルールとして"自分がされていやなことは人にしない 言わない"という「たったひとつの約束」があり、子供たちはこの約束を破ると"やり直す"ために、やり直しの部屋(校長室)へとやってくる。テレビ版「みんなの学校」の放送後には全国各地から、支援を必要とする子どもたちが数多く、校区内へと引っ越している 【日時】2019年2月23日(土) 13:00〜14:50、19:30~21:20 24日(日) 13:00〜14:50 25日(月) 19:30~21:20 【開催場所】豊岡劇場ハナレ(豊岡劇場の道向かい) 【上映作品】『みんなの学校』(106分) ■料金:一律 1,300円(税込) ※ご予約で満席にならない場合、当日券の販売を実施します。全席自由。 ■ご予約方法 店頭・お電話・メール・ウェブフォームにて承ります。 電話|0796-34-6256 メール|info@toyogeki.jp ウェブフォーム|こちらへアクセス 上記連絡先まで、①参加日時、②人数、③お名前、④ご連絡先(電話番号)をご記入、お伝えください。尚、電話でのご予約は営業時間内にお願いします。 ■映画内容 <ストーリー> 大空小学校がめざすのは、「不登校ゼロ」。 ここでは、特別支援教育の対象となる子も、 自分の気持ちをうまくコントロールできない子も、 みんな同じ教室で学びます。 ふつうの公立小学校ですが、開校から6年間、児童と教職員だけでなく、保護者や地域の人もいっしょになって、誰もが通い続けることができる学校を作りあげてきました。 すぐに教室を飛び出してしまう子も、 つい友達に暴力をふるってしまう子も、 みんなで見守ります。 あるとき、 「あの子が行くなら大空には行きたくない」