teamkaimondash.com
[ダッスポ]第159回天皇賞・春(G1)開門ダッシュ部 | 開門ダッシュ部
皆様おはようございます。開門ダッシュ部です。 「平成最後」が連発されていますが、年末みたいなものなのでしょうか。 なんとも名残惜しい感じがしてきました。 本紙の見解 シャケトラ急逝により主役不在となった平成最後のG1レース天皇賞。 残念ながらメンバーレベルはG3程度。 こういう時の押し出された人気馬は得てして飛びがち。 素直に調教の仕上がりだけで印を打つ事にした。 全馬の調教評価は以下の通り。(数字は馬番ではありません。評価順です。) 1.ケントオー 2.ロードヴァンドール 3.フィエールマン 4.カフジプリンス 5.グローリーヴェイズ 6.メイショウテッコン 7.リッジマン 8.エタリオウ 9.パフォーマプロミス 10.ユーキャンスマイル 11.チェスナットコート 12.クリンチャー 13.ヴォージュ 各馬にそこまで大きな仕上がり差は無く、調教面から見ても閑散と言わざるを得ない。 純粋に調教の仕上がり上位1〜6頭に◎〜☆の印を打った。 馬券的にはこの他に、4歳馬BOXというのも面白い気がする。(本紙 とも) 4歳馬ボックスということは[2,5,7,9,10]の5頭ボックス。馬連・3連複だと10点、馬単20点、3連単60点ですね。妙味はありそうです。 また、じゃすこからは「平成最後の天皇賞春。平成元年は1989年。平成を平和に(笑顔で)終われたという事で9番のユーキャンスマイルを本命とした。最後という事で最外枠のクリンチャーとロードヴァンドールも穴馬として気になるところ。」とコメントがありました。 肌寒いですが、きれいに晴れました。今上の陛下はご覧になれるのかわかりませんが、平成の世の締め括りにふさわしいレースを期待したいですね。 それでは皆様、平成最後の天皇賞を楽しみましょう♪