teamkaimondash.com
[ダッスポ]第36回 フェブラリーステークス(G1)開門ダッシュ部 | 開門ダッシュ部
皆様ご無沙汰しています。開門ダッシュ部です。 もはやG1のときしか活動していないのではと思われていますが、そんなことないと言えるように今年もがんばります。ロック師匠もこうおっしゃっています。 今年は歴史が変わる一年!熱く行くぜ! 2019年の本紙予想は、ともです。 データ・調教ハイブリッドの予想をぜひご期待ください。 本紙見解 フェブラリーSは格より調子が重要視される一戦。その証拠にフェブラリーSを2勝以上した馬は、2014-2015年と連覇したコパノリッキーのみ。但し、2014年はシンガリ人気での逃げ切り勝ちで、ある程度の人気を背負って2勝した馬はいない。 しかし、馬券の人気は調子より格が重要視される傾向にある為、巷ではフェブラリーSは馬券が難しいG1と言われる所以。 ルヴァンスレーヴ、ウェスタールンド、ケイティブレイブが不在、昨年下半期のダートG1勝ち馬はオメガパフュームのみというメンバーレベルを考えると、G1未勝利馬を積極的に狙っていきたいところ。 出走全頭の調教診断は以下の通り。 (区切り線は仕上がりの差の大きさを表現) ーーーーーーーーーーーー 1.サンライズソア/栗坂/もう少し力強さが欲しい 2.ノボバカラ/栗坂/調教はいつも良いが… 3.ゴールドドリーム/栗坂/左手前スムーズさ欠ける 4.サンライズノヴァ/栗坂/後半バテる 5.オメガパフューム/栗坂/可もなく不可もなく 6.ノンコノユメ/南W/トラック追い切り最上位 7.インティ/栗坂/右手前に不安 ーーーーーーーーーーーー 8.モーニング/栗坂/力み多い 9.サクセスエナジー/栗坂/特筆する点無し 10.コパノキッキング/CW/スムーズさに欠ける ーーーーーーーーーーーー 11.ユラノト/栗坂/安定感弱い 12.メイショウウタゲ/栗坂/迫力に欠ける 13.クイーンズサターン/栗坂/脚取り重い ーーーーーーーーーーーー 14.ワンダーリーデル/栗坂/前後バランス悪い 上記を踏まえて打った印が以下の通り。 ◎サンライズソア ◯サンライズノヴァ ▲ゴールドドリーム △オメガパフューム ★ノンコノユメ ☆ノボバカラ 2勝馬問題からゴールドドリームは減点評価。 ノボバカラは調教診断基準に当てはまる走り方をする馬で、 調教診断結果が戦績に反映されない馬なので消したいところだが、