teamkaimondash.com
20180131第67回川崎記念開門ダッシュ部 | 開門ダッシュ部
皆さまこんにちは。2018年も宜しくお願い致します。 府中開催も始まり、競馬界も正月ムードが拭われていよいよ本気モードになってきましたね。 今日は今年最初のビッグレース、川崎記念。 とはいえ全部で10頭、地方馬筆頭がディアドムスという状況で、正直Jpn1としてはもの足りない面子に。 少頭数なので一頭ずつ取捨を検討して行きましょう。 イッシンドウタイ 16JBCで7着も休養挟んでから復調の気配無し。 コスモカット 条件馬。自己条件でも低迷では… アウォーディー 東京大賞典を回避しただけあり、落とさない一戦。距離だけ心配。 サウンドトゥルー 年齢的に大きく上向きは無いだろうが、安定感はトップレベル。 キャッスルクラウン 年明け早くも3戦目、グレードレースに出す状態でないことは明白。 ケイティーブレイブ 安定感はサウンドトゥルーと同等。距離不安は無さそう。鞍上のやる気次第か。 アポロケンタッキー これもケイティーブレイブ同様に距離は大丈夫。ムラがあるからヒモで。 グレンツェント 中央勢では割引がいる馬。このレースが今年の試金石となれば。 メイショウスミトモ たまに来るから怖い。でもそれだけの馬で中心にはできない。 ディアドムス 南関の水が完全にあってる。あとはどこまで出来るか。このレースのある意味注目馬。 中央馬中心にディアドムスまで絡めた馬券でしょうか。 難しいなあ… 3連複フォーメーションでしょうね。