tatsumi-oni.boo.jp
家紋 丸に木瓜(もっこう) | 淡路瓦 タツミのブログ
木瓜紋について。 窠(か)の紋ともいい、木瓜(ぼけ)の切り口とも呼ぶ。 御簾(みす)の帽額(もっこう)につけられた文様に対する呼び名。 奈良時代に衣服、車に文様として使われていて、 後に家紋として用いられるようになった。 保元の乱の当時の内大臣、徳大寺実能が 車文としていた事が、『大要抄』に記されている。 このような事から徳大寺氏の家紋とされたのが最初だそうです。