tatsumi-oni.boo.jp
瓦を鐘に…。 | 淡路瓦 タツミのブログ
今日の別注瓦。 少し変わったご依頼を頂きました。 見本となる古い銅板が送られてきて、その銅板のレプリカを 作るために、型を作るというご依頼でした。 仕上がりの見本として、まず瓦を作りました。 出来上がったのがこの瓦。 幅20cmほどの薄く小さな板に細かい鳳凰の模様入り。 鬼師が細かい模様を忠実に復元しました。 この飾り、何に使うものかと言うと、吊るして「カ~ン」と叩く鐘だそうです。 なるほど…、とにかく見本として一先ず瓦にしたものをお送りする事に…。 すると瓦の素材感と音が良かったのか、銅板にするのを止めて 瓦のままでOKとなったのです! 確かに瓦琴なるものもありますので 音は綺麗です! 意外な所で瓦をご使用いただく事になり少し驚きましたが、 いぶし瓦を気に入ってもらえ、とても嬉しい仕事となりました!