tatsumi-oni.boo.jp
家紋 三つ柏 | 淡路瓦 タツミのブログ
柏紋について。 字の通り、柏の葉を図案化したものです。 柏の葉は広く、葉肉が厚いのでその昔、 食物を盛る食器とされていたそうです。 食膳をつかさどる者を、古語で「かしわで(膳夫)」と 言ったことにも関連があるとか。 食器として神事に使用されてから柏木を尊重するようになり、 「かしは木はもりの神」(「狭衣物語」「枕草子」)として 神聖視されたそうです。 『丸に三つ柏』 柏の紋様として三つ葉柏が鎌倉時代に用いられています。 「太平記」によると熱田神宮の宮司が三つ柏紋を使用していたことが 記されています。 この時代、この紋のほとんどが神官専用の紋とされていたらしいです。 その後、江戸時代になると、山内氏、牧野氏、中川氏、蜂須賀氏 等の大名らが用いるようになったといいます。 参考文献:日本紋章大図鑑 通常、上のような「丸に三つ柏」がよく出るのですが、 今回変わった家紋のご注文を頂きました。 『丸なし変わり三つ柏』 丸がないと印象も随分変わります。 これも鬼瓦に取り付けられ、屋根に上がるのです。 こんな家紋もカッコイイですね~。