tanakayasuo.me
「註の新たな註」 「いまクリ」と「もとクリ」、その記憶の円盤が舞い続ける時空。
ようこそ現在から1980年の東京、そして日本へ❣ 「✽文庫本化に際しての、ひとつの新たな長い註。」でお約束した「註の新たな註」は、 両書に登場する「字句の解釈」に留まらず、 高度消費社会の幕開けから現在に至る時代背景を、 関連する僕の拙稿等も紹介しながら絵解きしていくサイトです。 インターネットとは「ドラえもん」ならぬ「デカパン」のおじさんの心意気である点に鑑み、 ソフトオープンからグランドオープンに向けて随時、充実させて参ります。 「デカパン」とは! 無国籍企業Amazonちゃんでの購入サイト 『33年後のなんとなく、クリスタル』文庫本 『なんとなく、クリスタル』文庫本 「文学周遊」あと十年たったら、私はどうなっているんだろう 両書は、比類なき「経済小説」かもしれない。 『日本経済新聞』2018年4月28日夕刊 PDFはこちら>>>PDF 『なんとなく、クリスタル』とポストモダンの徴候 ノーマ・フィールド 『現代思想』1987年12月臨時増刊「日本のポストモダン」 PDFはこちら>>>PDF ✽「、」を省略して『なんとなくクリスタル』と表記しているのが"緩い校閲"で知られる同誌編集部らしいね 「怯まず・屈せず・逃げず」宇沢弘文さんとの想い出「現代思想」2015年3月臨時増刊号「宇沢弘文 人間のための経済」