tanakayasuo.me
田中康夫の著作紹介・書評
こちらのページでは、田中康夫がこれまでに発表してきた著作物のうち、現在Kindleなどでご購入いただけるものから随時ご紹介しています。 また、各著作における皆様からの書評なども併せて随時掲載していきます。 amazonの田中康夫公式著者ページは以下のバナーからアクセスできます。 ぜひご利用下さい! 出版社別・著作紹介 著作の画像をクリックするとamazonの購入ページへジャンプできますので、ぜひご利用ください。 河出書房新社 なんとなく、クリスタル(『もとクリ』) これほど深く、徹底的に、資本主義社会と対峙した小説を、 ぼくは知らない----高橋源一郎氏 1980年東京。大学に通うかたわらモデルを続ける由利。なに不自由ない豊かな生活、でも未来は少しだけ不透明。彼女の目から日本社会の豊かさとその終焉を予見した、永遠の名作。 大学生でモデルの主人公・由利。バブル経済に沸く直前、一九八〇年の東京を「皮膚感覚」で生きる若い女性たちを描き、八〇年代以降の日本人の精神風土、そして「豊かさ」の終焉までを予見。膨大な「注」に彩られ、精緻で批評的な企みに満ちた、文藝賞受賞作。 33年後のなんとなく、クリスタル(『いまクリ』) クリスタル・ボールの中で旋回する、私的な、また社会的な記憶の欠片。その中から時間という 主題が浮かび上がってくる。これはそういうほとんどプルースト的な小説なのだ。──浅田彰 1980年に大学生だった彼女たちは、いま50代になった。 日本社会の"黄昏"を予見した空前のベストセラーから33年。"彼女たち"は今、何を思い、どう生きているのか? 「文藝」連載時から新聞、雑誌で話題騒然の長篇に、書き下ろしで膨大な註が加わり、待望の刊行! 書評、解説、インタヴュー 関連の動画・音声・文字起こし たまらなく、アーベイン AORの名盤を100枚セレクトして、エッセイ仕立てで徹底ガイド。 80年代の息吹を伝えるライフスタイルカタログとしても楽しめる! 菊地成孔氏も絶賛するあの伝説の名著がいま甦る。 あの『なんとなく、クリスタル』と並ぶ、80年代のもう一つの名著!