tanakayasuo.me
19/2月号 田中康夫の新ニッポン論67「ノブレス・オブリージュ」◆月刊VERDAD-ベルダ
19/2月号 田中康夫の新ニッポン論67「ノブレス・オブリージュ」 1999年3月、メインバンクの日本興業銀行と監督官庁の通商産業省も見放し、 負債総額2兆5000億円と破綻寸前の日産自動車(株)を立て直すべく、 塙義一(はなわ・よしかず)社長はルノーS.A.との提携を決断。 7000億円の資本参加に応じた同社から、カルロス・ゴーン氏を始めとするフランス人重役3人を迎えた。 嘗て商工省が存在した銀座木挽町(こびきちょう)の日産本社ビルで、 信州・長野県知事就任前年の1999年7月、ロングインタヴューを行った塙社長の哲学と覚悟を、 「日産インパール作戦」の最中に改めて想起する拙稿「ノブレス・オブリージュ」。 PDF>>>PDF 田中康夫、塙義一・日産社長に会いに行く「NAVI」1999年10月号 「不毛なニッポンの宿痾」まとめサイト 「サンデー毎日」寄稿『平成風景論「法治国家」ニッポンの宿痾』 を始めとする原稿をお読み頂けます。 「憂国呆談」2月号 自由学園のデザインから、閉校した文化学院、 カルロス・ゴーン取締役の解任、水道の民営化まで。 ・連載バックナンバー>>>こちら ・VERDAD HP>>>こちら 月刊「VERDAD」についてのご紹介は>>>こちら 参考資料 日産「インパール作戦」、 「全ては金目」JOC、 「奇蹟の手形」日朝平壌宣言、 「停滞から後退へ」北方領土、 不毛な沖縄「住民投票」etc.。 「宣言」と「契約」の「意味」を説く「平成風景論」