tanakayasuo.me
18/5月号 田中康夫の新ニッポン論58「ニッポン凄いゾ論の終焉」◆月刊VERDAD-ベルダ
18/5月号 田中康夫の新ニッポン論58「ニッポン凄いゾ論の終焉」 PDFはこちら>>>PDF [su_accordion] [su_spoiler title="本文原稿はこちらをクリックすると全文が表示されます。" style="fancy"] 「見ざる・聞かざる・言わざる」ならぬ「見ざる・聞かざる・ディスりまくり猿」な面々が都合5年4ヶ月余にも亘って唱和し続けた「嫌中・嫌韓・嫌朝」の「ニッポン凄いゾ論」が、終焉を迎えようとしています。と申し上げるや、地球儀俯瞰外交が地球儀"傍観"外交に転じた冷厳な現実すら認められぬ彼らや彼女らは、口角泡を飛ばして反駁するでしょう。 或いは内心、少なからず疑心暗鬼が生じているかも知れません。であればこそ、その不安を振り払うべく、虚勢を張り続けているのかも知れません。とまれ、「弁証法」を弁(わきま)えぬ可哀相な人々です。 ドワイト・D・アイゼンハワー大統領時代に国務長官を務めたジョン・フォスター・ダレスは、「日米安全保障条約の産みの親」として、日本では好意的に捉えられています。が、その彼は、"名誉白人"としての日本人を看破していた老獪(ろうかい)な人物でした。 「日本人のレイシズム=人種差別主義、言い換えれば欧米への劣等感。他方でアジアに於ける近代人は自分たちのみで、中国人や朝鮮人、更にロシア人よりも優越していると自惚れる日本人」 「その相反する屈折した感情=アンビヴァレンスを巧妙に利用せよ。日本国民は、我々白色人種に従属する一方、アジアの黄色人種の中で孤立し続ける」 山東省で生まれ、遼寧省(りょうねい)の東北大学工学部で学んだ後、国費留学生として北海道大学大学院工学研究科で博士号を取得、ソフトブレーンを起業した畏友・宋文洲氏は昨秋、以下の論考をメールマガジンで記しました。 「中国共産党の党員は約9千万人・・・日本の有権者数とほぼ同じ・・・全国に組織を持ち、選挙を通じて代表を選び、5年に一度北京に集まり、党大会を開催・・・こんなに巨大且つ強力な組織はなかなか世界に存在しません」