tanakayasuo.me
18/2月号 田中康夫の新ニッポン論55「奇々怪々な「HPVワクチン」」◆月刊VERDAD-ベルダ
18/2月号 田中康夫の新ニッポン論55「奇々怪々な「HPVワクチン」」 PDFはこちら>>>PDF [su_accordion] [su_spoiler title="本文原稿はこちらをクリックすると全文が表示されます。" style="fancy"] 「予防接種」とは「疾病(しっぺい)に対して免疫の効果を得させるため、疾病の予防に有効であることが確認されているワクチンを、人体に注射し、又は接種すること」(予防接種法2条1項)。 故に、「薬剤」Medicineと「ワクチン」Vaccineは明確に異なる存在です。前者は治療に、後者は予防に用います。 ワクチンに薬効や治療効果はありません。飽く迄も予防効果。とは言え、「疫病の予防に有効であることが確認されている」のが大前提。「HPVワクチン=子宮頸(けい)がんワクチン」を巡って、日本のみならず地球規模で巻き起こる甲論乙駁(こうろんおつばく)は、この点なのです。 性行為を介して感染する性感染症ウイルスのヒトパピローマウイルス=Human papillomavirus=HPVは、エボラウイルスと同じく動物感染実験が不可能。獲得免疫力が強く、免疫持続期間が長い「生ワクチン」の製造も不可能。 インフルエンザ、日本脳炎、麻疹(はしか)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)を始めとする既存のワクチンとの決定的な違いです。 動物実験を経ずに認可され、巨大製薬企業グラクソ・スミスクライン=GSK、メルク&カンパニー=MSDが製造・販売するHPVワクチン。 前者のサーバリックスは、遺伝子組み換え技術を用いて蛾(が)の細胞内でウイルスを増殖。後者のガーダシルも遺伝子組み換え技術で酵母を培養。共に水酸化アルミニウム等の免疫賦活剤(めんえきふかつざい)=アシュバントを含有。重篤(じゅうとく)な副反応の原因か、と指摘される所以(ゆえん)です。 豈図(あにはか)らんや、HPVワクチン接種後の神経障害を特集した学術専門誌『神経内科』第85巻第5号に拠れば、子宮頸がんの死亡リスクは0・3%。2%の大腸がん、1%の乳がんよりも低率。生涯罹患リスクも9%の乳がん、8%の大腸がん、6%の胃がん、5%の肺がん、2%の膵(すい)がんよりも低い1%です。