takemoto.tobimushi.co.jp
池田紀行さんと、「地域のマーケティング」放談。 – 可能性。時間的空間的。
2002年に池田紀行さんが若気の至りで書いた本を読んだ竹本が、深夜に熱いラブレター(メール)を送ったことがきっかけで、「イケ」「タケ」と呼び合うともだち同士になった二人。久しぶりに会って、デジタルマーケティングの潮流から、地域のマーケティングのあり方、これからの生き方まで、ゆるく語らいました。(この対談は2014年9月に行われました。)