takemoto.tobimushi.co.jp
藻谷浩介さんと、それぞれの立場から見る地域の在り様。 – 可能性。時間的空間的。
『デフレの正体』『里山資本主義』などの著者、藻谷浩介さん。大手町の真ん中のビルのカフェでのわずかな時間。そこでおこなわれた、地域でひとつひとつ事実を創る立場と、数多地域の数多の事実から帰納的にセオリーを構築する立場、それぞれから語る、いまの、そしてこれからの地域の在り様、地域の視点からの国の在り様について、その濃密な対話の一部を。(この対談は、2014年4月におこなわれました。)