sweeprecord.com
作曲家 岩垂徳行 様より『メサイヤ GMC VOL.1 ~ラングリッサーⅠ・Ⅱ・Ⅲ~』リリース記念 スペシャルメッセージ | SweepRecord
ラングリッサーに想いを寄せて※日記をつける習慣はないのでうろ覚えであることを勘弁してください。 最初にメガドライブ用の「ラングリッサー」のお話を頂いたときは、僕は並行して同じメサイヤの「ジノーグ」の楽曲製作をしていました。自分的にはこちらがメインだったので、ラングリッサーは当時働いていたCUBEの複数人で作曲をしようということになり、藤岡央さん、溝口功さん、そして僕の3人で分担して作曲、データの打ち込みなどは僕が行いました。メサイヤのプロデューサーの高田さんからは「とにかくかっこいい曲を」という注文だった気がします。それまでにいくつものメガドライブの作品に携わらせてもらったので製作環境や音色のストックなども十分にあり、今考えれば相当の短期間で作り込んで行きました。 ひとつの作品を作り上げ、店頭に製品が並び、自分でも(相当プレイは下手なのだが)出来るところまでゲームも遊んでみるのですが、各兵をどこにどのように配置するかで戦局が変わり、これは面白い!と思いました。当時のお父さんのなりたい職業の1番は「野球監督」でしたが、戦局を意のままに指揮する様はまさに「監督」そのもの。男心をくすぐる! その後に「2」のお話が来ました。シリーズものは作曲者にとってもとても嬉しいこと。曲数も増え前回以上に頑張ります!と伝え、改めて資料を読み思考を巡らす。うるし原さんの絵が素敵(というかきわどい)。面白いキャラが増えている。「かっこいい曲を!」という基本路線はそのまま、バリエーションを豊かに、ノリを良く、FM音源特有の切れのある音をさらに磨きあげて楽曲を作っていきました。 そういえば「2」が出たころかな?巷ではDTM(Desk Top