sweeprecord.com
ギガンデス サウンドトラック | SweepRecord
『ある日ぼくは素敵なゲームに出逢った』知る人ぞ知る奇跡の異次元サウンドを未使用音源も含め、全曲収録。初回盤にはゲーム攻略映像と開発スタッフ秘話を収録したDVDを同梱。 作曲者:野崎貴朗/井上晃 httpvh://www.youtube.com/watch?v=064PEPqtpGs  ゲームミュージックディスカバリーシリーズならではのタイトルが登場です。80年代後半にリリースされたイーストテクノロジー社の横スクロールシューティングゲーム「ギガンデス」。ニッチでマイナータイトルながら、まさかのサウンドトラックCD化です。 作曲者は野崎貴朗氏と井上晃氏。他に類を見ない"ギガンデスサウンド"を、未使用音源、効果音も含め全曲収録しました。  また、初回盤にはエキスパートによるゲーム攻略映像と、本邦初公開の開発スタッフ秘話を収録したDVDを同梱。音と映像でレアゲームを補完します。  『ギガンデス』は、1990年2月にアーケードゲームとして稼働した、イーストテクノロジー社の横スクロールシューティングゲームです。初お披露目された当時のゲームショーでは参考出展でプレイアブルではなかったものの、雑誌"ゲーメスト"編集部ではそれまで聞いた事のない新規参入メーカーがリリースする新作ゲームタイトルとあって、非常に期待されていました。  同梱DVDの開発スタッフによる秘話をご覧いただければ、当時ブラックボックスとなっていた制作の裏側が分かるのですが、ある種100%の完成度に至らずに世に出されてしまった感のある不運なゲームでもあります。  ゲームのキーとなるのは"武器"。アイテムの装着位置やパワーアップの選択肢により、多種多様な戦略が求められ、ミスしてもランクダウンしない代わりに、ステージクリアで武器がリセットされてしまうなど、他のシューティングゲームには無いアイデアも盛り込まれています(残念ながら永久パターンが発覚し、ハイスコア集計は打ち切られています)。  また、統一感が無いゲームの雰囲気も、それこそが"ギガンデス"の世界観です。インパクトあるアイキャッチと、もっと先が見たくなる敵キャラの風貌で、ゲームファンを魅了してきたのです。本商品のDVDでその魅力を再発見して下さい。 アーケード版「ギガンデス」オリジナル音源全曲全27トラック 1