support.ouenkumamoto.info
[江東区・東大島] 熊本地震救援コンサートのお知らせ | | support.ouenkumamoto
2018年8月31日17時半より、江東区・東大島文化センター内レクホールにて『熊本地震救援 ハートフルコンサート「北風に会いに行った少年」』公演が行われます。このコンサート終了後には熊本地震救援として募金活動を行うとともに、当日ご来場の皆様に、おうえんくまもとから「くまもんステッカー」もプレゼントします。入場無料(先着順)ですので、ぜひお子様やお友達とご一緒にお出かけ下さい。 今回のコンサートは、江東区を基盤に活動を続けている「ハートフルコーラス(高田福江・指揮)」が、熊本市出身ブリュッセル在住の声楽家である正木裕子さんを迎え実現しました。 打ち合わせを重ねる中、熊本地震の際に個人所有のピアノを被災した小学校に寄贈されたピアニストの永井恭子さんの参加も決まり、そのご縁もあって、「熊本地震救援ハートフルコンサート」としての公演が実現する運びとなりました。永井さんは、ピアノ寄贈の際には正木さんと共に被災小学校で「北風に会いに行った少年」の伴奏をつとめ、子供達に困難に負けずに進む勇気を伝えました。 当日は、バイオリンの釣谷有里さん、特別出演としてハーモニカグループ「ハッピーハーモニー」のみなさんも加わり、夏休みの最後の日に北欧ノルウェー民話の贈り物をお届けします。会場は17時ですが、先着順のため万一満席の際は何卒ご容赦下さい。 公演チラシはこちらからどうぞ(pdfファイルが開きます)。 音楽ものがたり『北風に会いに行った少年』 熊本市出身ブリュッセル在住の声楽家である正木裕子さんが、自らの子育て経験に着想を得て作り上げた、子供から大人まで楽しめる音楽ものがたりです。ノルウェー民謡集(編集:クリスチャン・アスビョルセンとヨルゲン・モー・1841~1852年出版)"Gutte aom gikk til nordenvindes og krevde igien melet" 日本語訳『北風に会いに行った少年』をベースとしています。少年ハンスの冒険を彩る楽曲は、マリアの子守歌(グリーク作曲・イプセン作詞)、雪と子ども(ノルウエー民謡)、雪(文部省唱歌)や風に吹かれて(ボブ・ディラン)などクラシックからフォーク、童謡と多岐に渡るジャンルの音楽で構成されています。さあ、親子揃って北欧の冒険の旅に出かけましょう! 公演制作・正木裕子(Hiroko Masaki)