support.ouenkumamoto.info
丸の内に来なっせ(OPEN MUJI有楽町で熊本県産品を販売中!) | | support.ouenkumamoto
先日お知らせした、『OPEN MUJI有楽町』での熊本県産品販売会(熊本弁ネイティブの会主催)に参加した友人からのレポートです。連休中ぜひ元気な熊本弁と熊本の美味しいものを堪能しに丸の内へどうぞ! OPEN MUJI有楽町に行ってきました。 なお、無印良品有楽町店は、交通会館の隣、山手線のすぐ「外側」にあるのですが、今回のは、「丸の内仲通り」という、冬は「東京ルミナリエ」という、通りをネオンで飾る催しがあったりする、オフィス街とブティック街がミックスしたような通りで開催されています。 並木がきれいで気持ちのいいところで、屋台風にブースが作ってあって、いくつかの地方の食品や木工品等が売られていますし、コンサート会場もあったりします。 今回、「熊本弁ネイティブの会」以外にも、熊本から味千ラーメンさんとかいくつか出店されていますが、熊本弁ネイティブの会では、 濱田醤油や森川ローヤルゼリーの商品の他、トマトやピーマン等熊本の野菜や、『武者がえし』はじめお菓子を売っています。 連休の3日間、12:00~16:30の開催で、人出もまあ多いので、東京駅から丸ビルを抜けて、週末のオフィス街を歩いてみるのも楽しいと思います。 熊本弁ネイティブの会のブースは、皇居側、全体の真ん中あたりにあります。 また、すぐ横のビルの地下には博多一風堂もあります。熊本ラーメンではないものの、少しずつ改良して進化する一風堂も楽しんでみてください。最近は、白と赤(マー油が入っている)で麺を変えたのと、からか麺が坦々麺風の味付けになったのはよかったのですが、からか麺の縮れ麺からストレート麺になったのは個人的には残念でした。 熊本でも、まだ時折揺れる中、藤崎宮の大祭の成功に向けがんばっておられることと思います。 残念ながら現地で応援や参加はできませんが、どこにいても、熊本の復興を祈っています! 《文中に出てきたお店一覧》 濱田醤油:「たまごかけご飯にかける醤油」で有名な熊本の老舗醤油メーカーです。創業1818年 森川ローヤルゼリー:1950年創業のローヤルゼリー専門メーカーです