smatu.net
iPhone ヴォイスメモの使い方【3D Touch対応】
PHOTO:takg iPhoneをはじめとするスマートフォンの普及により、実に多くの事が端末1台で行えるようになりました。 数年前であれば、 iPodを持って… 文庫本を持って… 携帯電話持って… など、色々外出前に確認しないといけませんでした。 今は「スマホ持ったし、とりあえずOK!」 のように、すぐに外出することが出来ます。 (便利な世の中になりましたね〜) 一般的に利用する機会は比較的少ないのですが、iPhoneやスマートフォンにはヴォイスメモの機能も備わっています。 (ICレコーダーを持って無くても音声が録音できる) 今回はヴォイスメモの使い方や、とっさの活用術をご紹介します。 iPhoneのヴォイスメモで出来ること まずはiPhoneのヴォイスメモで出来ることを、おさらいしておきましょう。 iPhoneのヴォイスメモで出来ることは ①録音 ②再生 のふたつです。 実にシンプルで分かりやすいですね。 特に最新のiPhone6s/6s Plusであれば、3D Touchの機能を使えば2〜3秒で録音をスタートすることも可能です。 ヴォイスメモで録音/保存する方法 アイコンをタップしてアプリを起動 ↓ 画面中央の赤くて丸いアイコンをタップ ↓ 録音がスタート 録音中は、丸いアイコンが四角に変わり録音時間がカウントされていきます。 録音が終わったら、 赤いアイコンをタップ ↓ 完了をタップ ↓ タイトルを入力(もしくはそのまま) ↓ 保存をタップ これで録音した音声がiPhone内に保存されます。 また、保存前には ・再生ボタン…今録音した音声を再生して確認 ・赤いアイコン再タップ…録音を再開 などの、操作も行うことができます。 保存する際は、名前を変更することができるので分かりやすい名前を付けておくほうが良いでしょう。 ヴォイスメモを再生/編集する方法 保存されたヴォイスメモは、日付の新しい物から順番で並びます。 (並べ替えは不可) 再生したい場合は、リストから再生したメモを選択し再生アイコンをタップするだけです。 保存してあるヴォイスメモは、前後の不要な部分をトリミング(カット)することが可能です。