shigoki-kyoto.jp
About | 京小紋 SHIGOKI しごき染 バッグ ポーチ 京都 伝統工芸ブランド | 京小紋 SHIGOKI しごき染 | 京都 バッグ ポーチ 伝統工芸 ブランド 
当工場は、古くから和装の産地として栄えた京都にて、創業以来、京友禅の最終工程である蒸水洗加工を手掛け、 近年ではシルク製品の防縮加工にも取り組んでいる「蒸し屋」です。 蒸し屋とは・・・ 染められた反物を100℃にもなる蒸し箱で蒸し、染料を美しく発色させ、色落ちしないように定着させ、 余分な糊や染料を洗い流す「友禅流し」の工程を行っています。 蒸し箱がある、蒸し屋だからこそできる染色技法「しごき染」 今後も素晴らしいこの技術を継承し、伝えていくために京都をつなぐブランドとして、「京小紋 SHIGOKI」を立ち上げました。 「京小紋 SHIGOKI」を構成する3つの要素 Culture / Fashion / ART+DESIGN Culture 京都 日本の文化の中心である京都。 当工場では、京都で育まれた桂川の伏流水を使用し、最終工程を行っています。 清らかな水は、美しい発色の反物を仕上げます。 京都で生まれた「きもの文化」は高度な染色技法を生み出しました。 ライフスタイルにあわせて変化を遂げる「しごき染」の素晴らしい魅力を伝えます。 Fashion スタイリッシュ×エレガンス シンプルで洗練された大人のオシャレ、ビジネスシーンにもご使用いただける、スタイリッシュなデザイン。 美しい染めの技術を表現するために、新潟県五泉市で生産されている高級絹織物「塩瀬」を使用。 帯地に使用されている丈夫な生地には防縮加工・撥水加工を施しています。 Art+Design 京小紋 京友禅と影響しあいながら、小紋という型染の技法を用いた京小紋 京小紋の始まりは、基本となる型紙が作られた1200年前にさかのぼります。 小さな文様を一色で型染めしたもので、江戸時代の武士の裃(かみしも)に端を発して広まり、模様が細かければ細かいほど、格式が高く、高度な染色技術が必要とされました。 「京小紋 SHIGOKI」では、京都の染屋さんに人間国宝 故中村勇次郎、故南部芳松の伊勢型小紋のご協力をいただきました。 手仕事で行われる工程、次世代に継承するために 「京小紋 SHIGOKI」は染色技法である「しごき染」を継承するブランド。