sasakitakashi.biz
行列の待ち時間を予測する計算式は・・・|ささびず 中小企業診断士 佐々木孝のビジネスサイト
●待ち時間の計算方法として、行列の人数を1分間に後ろに増える人数で割る「リトルの法則」がよく紹介されるが、実用的ではない。 ●後ろに増える人数の代わりに、1分間に減る人数を使うことをオススメしたい。 ●お客を並ばせるお店側は、少しでも「快適な行列」にするための情報提供をするといい。