sakuranamiki.jpn.org
| 【桜のメンテナンス報告】岩手県下閉伊郡山田町「結いの桜山」NPO法人 さくら並木ネットワーク
2015年8月30日。さくら並木ネットワークでは、2か所で桜のメンテナンスを行いました。 8月のお盆の頃まで猛暑が続き、現地の皆さんも桜の心配をされていました。しかしお盆のあたりから東北でも急に気温が下がり、雨模様の日も。 メンテナンスの日も天候は曇り時々雨。そして、現場は2か所とも急斜面でした。 しかし!悪天候の中、多くの方々がメンテナンスにご参加くださいました。 皆様ありがとうございました。 スタッフは二手に分かれて現場へ。まずは、山田町のメンテナンスの様子のご報告です。 岩手県下閉伊郡山田町「結いの桜山」のメンテナンス 桜の植樹を通じて繋がりを。 今年の4月19日。日本郵政労働組合様・DCMホーマック株式会社様・プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社様、新潟県総合生活協同組合様・日本ロレアル株式会社キールズ様・瀬戸内さくら並木プロジェクト様にご参加・ご支援いただき、山田町の皆様の主催で開催された「さくら祭り」当日、約230名のご参加いただいた企業様、山田町の皆様・ボランティアの方々と141本の桜を植樹しました。 山田町では、町の主催でメンテナンス会を開催し、桜を大切にしてくださっています。 町の呼びかけでボランティアに参加くださったのは、復興事業に携わる工事関係者の方々や会社の方々、地元の皆さん、そして休日返上で町役場の方々総勢30名。そして、さくら並木ネットワークのボランティア募集で参加くださった方々とスタッフ合わせて8名、38名での作業になりました。朝10:00前、早速開始です。 一歩入った現場は、こんな感じで夏の間に伸びた雑草や木々に覆われています。まずは男性8名が草刈機で一気に刈ります。 植樹しているのは1年生の苗木。他の木々の脇枝や雑草に養分を取られないよう、日照を遮らないよう、桜のまわりの草を刈ります。 草刈機で刈ったあと、桜の周りは鎌や鋏などで手作業できれいにします。 今回、初めて東京からボランティアに参加してくれた20代のお二人。小雨の降る中、ハードな作業を明るく元気に一生懸命こなしていました。とても頼りになり大活躍! 大人数の作業で、みるみるきれいになっていきます。上の写真は、今年の春植樹した1年生の苗木です。大きさは大体このくらい。絡んだ蔓や周辺をきれいにします。生育状況は肥沃な土地なので、みなほぼ良好です。