sakuranamiki.jpn.org
| イベントのご報告:福島県南相馬市小高区NPO法人 さくら並木ネットワーク
10月28日。 この日はさくら並木ネットワークと関わりのあった二つの地域で大きなイベントがありました。先日はその一つである岩手県大船渡市甫嶺地区で行われた花植え会とそば祭りのことをお伝えしましたが、福島県南相馬市小高区では当団体が後援事業として応援している市民団体おだか千本桜プロジェクト第2回水仙植栽会が開催されましたのでご紹介します。 おだか千本桜プロジェクト第2回水仙植栽会 南相馬市小高区では原発事故の影響で深刻な過疎化が進んでいますが、そんな地域を盛り上げようと日々奮闘しているのが市民団体おだか千本桜プロジェクト。明るい地域にしようと河津桜の植樹会を計6回開催していますが、桜と同じ時期に花をつける水仙も植栽しており、この日は昨年12月に続き2回目の植栽会となりました。 衆議院議員金子恵美氏、南相馬市門馬市長、鈴木市議はじめ全国から多くの方がこの水仙植栽会に駆けつけ、当団体からは二名のメンバーが参加。全員で力を合わせ、小高区の復興と再生を願いながらの作業となりました。 ご参加された皆様。 お疲れ様でした!! 桜が大きくなり花を満開につけるのは数年かかりますが、水仙は来年春には花をつけ複数年は咲き続けます。小高区の象徴となる河津桜が大きくなるまで、この水仙がご苦労しながら故郷に帰ってきた小高区住民の皆様の心の癒しとなってほしいと願っております。