ryusei-hikaru.com
武田邦彦氏の「伝わらない科学 7つの原理」 | RyuseiHikaru.com
虎ノ門ニュースの4月20日(金)の放送で武田邦彦先生がおっしゃっていた「伝わらない科学 7つの原理」というのが興味深かったのでまとめて書き留めておこうと思いました。 平均と個別(減塩食と血圧) 自分=世界(怪獣の数=温度) 事実無視・恐れ重視(和田教授「科学が社会に負けた」) 原理無視・希望優先(エントロピー・エネルギー) ミネルヴァの梟(経済予測の前提条件) 理科系・文化系(科学は「手法」を言う) 受け売り(北極の氷・ツバルが沈む) 以下、話された内容を私なりに理解して要約したものです。よろしければちゃんとYouTubeを見て下さい。1時間28分頃から20分間くらいです。 1:平均と個別(減塩食と血圧) 平均の値と個別の事象を混同してはいけない。 お塩を摂ると血圧が上がる人が多いけど、そうでない人もいる。お塩を摂ると血圧が上がるというのは、そういう人もいるというだけの話。 2:自分=世界(海獣の数=温度) 自分の間隔をもって世界がどうかというの結論付けてしまうのは誤っている。 「海獣の数が多いから温暖化している」「子供の頃より熱くなっている」は飛躍している。温暖化を調べるなら温度を測るべき。 3:事実無視・恐れ重視(和田教授「科学が社会に負けた」) 人間は心理的に「恐れ」のほうが主体なって、事実には目を塞いでしまう。 ダイオキシンは微毒だけれど、世間はダイオキシンという言葉だけでダイオキシンを怖がってしまっているようになっている。 4:原理無視・希望優先(エントロピー・エネルギー) 先の「事実無視・恐れ重視」と同じく、人間は心理的に希望が主体になって、原理を無視してしまう。(と、おっしゃってなかったけど、そう解釈しました。) 生物は外部のエントロピーを増大させつつ、内部のエントロピーを下げるという原理がある。人間が外に対してエントロピーを下げようとするのは原理に反している。例えばリサイクルは外部のエントロピーを下げようとする行為。それは原理に反する行為なので出来ないけれど、希望が優先して行ってしまっている。 5:ミネルヴァの梟(経済予測の前提条件)