piperscaffe.org
Northumbrian Small Pipes
ノーザンブリアンスモールパイプスの説明 概要 ※ 上のパイプ17キー Northumbrian Small Pipes key of F ※ 下のパイプ 7キー Northumbrian Small Pipes key of G グレートブリテン島中部のノーサンバーランド地方 で使用されているバグパイプです。 大きな地図で見る 起源に関しては諸説在るのですが今日では同時期に使用されるようになったクラシック楽器として唯一、認められているフランスのバグパイプ、ミュゼットから派生したと考えられています。 ですので構造的にも非常によく似ていますよ。 呼び名ですがノーザンブリアン・スモール・パイプやノーサンブリアン・スモール・パイプ、ノーサンブリアン・パイプ等、呼ばれていますが名前が長いので普通は名前を短縮してNSP(エヌエスピー)なんて呼ばれています。 当該記事でもノーザンブリアンスモールパイプスだと長いのでNSP表記を各所に使用しています。 よくスモールパイプなんていわれますが其れは間違ってますよ。 スモールパイプはパイプ固有の名前ではなく小型のパイプ全体を指す言葉ですので。 あと、小さい奴なんて言い方も止めて下さいね。 失礼です(^_^.) 構造 NSPもアイルランドのイーリアンパイプス同様ひじの下に挟んだフイゴを使用してバックに空気を送り込みます。 ふいご(バックに空気を送る装置) チャンター管(メロディーを演奏する管) NSPでもメロディーを演奏する管はチャンターと呼ばれています。 ただしNSPは他の多くのパイプとは全く違ったチャンターを持つパイプです。 それはチャンターの端が塞がっていることです。 ※ 赤丸部分がチャンターの端ですが穴が空いていません。 したがって全ての指穴を押さえると音が止まってしまいます。 これにより指を上げたときにしか音が鳴りません。 チャンターには8つの指穴があるので全部で8つの音が出ます。 前面に7つ、後ろに1つですね。 これは大抵のパイプがそうなっています。 ちなみに古いNSP用の曲は大抵1オクターブに収まる曲になっていたので8つの穴だけで足りていました。 ※ NSPの定番曲 Lads of Alnwick その後、多様な曲の演奏や他楽器と合わせる必要から使用する音域が広がりその広がった音を出す為、チャンターにキーと呼ばれるレバーが付くようになりました。 ※ チャンター表面に沢山の突起物が出ていると思いますがこれがキー そのキーの数によりチャンターが出すことが出来る音域には差があります。 通常は7キーのものがよく使われます。 7キーでは以下に示すような音域を出す事が出来ます。 キーが付いた事によって演奏する事が多くなってきた代表曲。 ※2パート目に上にAの音が出ていますね。これはキーがないと演奏できません。 通常、NSPはキーがF(一番下の指穴を開けた時の音)なのですが便宜上、譜面ではGを用います。(以降、このサイトでもGを基音として説明します。) (※ レンジ表示画像 D.G. BURLEIGH氏のサイトから参照) D、E、F#およびC#、D#、a、bが付加されたキーにより出すことが出来るようになった音で大抵の曲はこのチャンターを使用すれば演奏する事が出来ます。 ...