philcul.net
レポート:東京堂ホール・トークイベント「哲学者と編集者で考える、〈売れる哲学書〉のつくり方」(2019年3月10日) | フィルカル
3月10日(日)、東京神田の東京堂書店内にある東京堂ホールにて、弊誌編集長長田怜の登壇したトークイベント「哲学者と編集者で考える、〈売れる哲学書〉のつくり方」が、オンガージュ・サロン主催で行われました。近年、ポピュラー哲学と呼ばれる従来とは異なるタイプの一般向け哲学書が次々とベストセラーとなり、哲学書の「売れ方」の新しい局面が目立ち始めています。『フィルカル』では、これまでにないこの動向に対し哲学研究者には何ができ何をするべきなのかを考えようと、4-1号にてポピュラー哲学特集を組みました。当日のイベントではこのポピュラー哲学特集の執筆者三名に加え、編集者二人を招き、精力的に発表と議論がおこなわれました。 登壇者は、弊誌編集委員で4-1号掲載のポピュラー哲学特集を企画した稲岡大志さん(現在は大阪経済大学)、マルクス・ガブリエルブームを牽引する堀之内出版から小林えみさん、我が国における分析哲学の出版物を常にリードし、分析哲学という分野そのものを開拓してきた勁草書房から山田政弘さん、さらに数々の人文・社会系ブックフェアを成功させてきたことで知られる酒井泰斗さん(ルーマンフォーラム/ブックフェアプロデューサー)、現役の哲学研究者でありつつ企業に籍を置くマーケティングの専門家である朱喜哲さん(大阪大学/マーケティングプランナー)という、いまこのテーマでやるならこれしかない、と言えるくらいの豪華メンバーです。それでは、当日の様子をかいつまんで紹介していきます。(なお、紹介文の最後には、会場ではお答えできなかったウェブ上でのご質問に対して、登壇者の方たちからの回答が寄せられています。ぜひ最後までお読みください。)