philcul.net
Vol. 2, No. 2が刊行されます。 | フィルカル
分析哲学と文化をつなぐ雑誌『フィルカル』Vol. 2, No. 2を9月末に刊行いたします。 前号から続く特集シリーズ「アイドル」には、ケンダル・ウォルトンの理論を用いて、それぞれナナシスとボーカロイドの二次元アイドルを分析する論考が2つ並んでいます。 ほかにも、『忠臣蔵』と『神無月の巫女』に共通するジレンマ構造を読み解く論考、ロバート・ブランダムの推論主義から大森靖子を論じる論文、新たに始まった本邦初のデヴィッド・ルイス入門記事など、多彩な内容でお送りします。 ぜひお手にとって議論にご参加ください。